第36回FFXIVプロデューサーレターLIVE&ジョブアクション動画

第36回FFXIVプロデューサーレターLIVE&ジョブアクション動画

第36回プロデューサーレターライブ

各アクションの数値は開発中であり、リリース時までに変更の可能性があります。

4.0バトルシステムの変更について

  • 現状の課題
  1. 複雑化してしまったバトルシステム
  2. ホットバーに入り切らない数のジョブアクション
  3. バフアイコンを凝視するバトル
  4. コアプレイヤー vs カジュアルプレイヤー
  5. ジョブ間のシナジー
  • →バトルシステムの変更

アディショナルスキルについて

  • キャスターについて実機で説明。
    • 猛者、静者がなくなる。静者はディバージョンが同じ効果別名。
    • ウォールはなくなる。
  • ヒーラー
    • クルセードスタンスは残留。計算式にINTが使われてたが、MNDに変わる。常時クルセみたいなものになる。「一定時間与ダメージを5%上昇させる」に変更。効果時間が終われば勝手に切れるので切る必要はない。元のダメージを上昇させており、その上でさらにダメージを出したい人はロールアクションに入れてダメージを上げれば良い。ロールアクション入れなくてもよい。

ジョブ間のシナジー

  • 戦士忍者など。忍者はPTDPSを上げる手段がない。
  • みなさん攻略時にPTDPSをものすごく重視して構成するため、今回PTDPSという観点で近接全ジョブのバランスを取り直した。コンボルートについても、特定ルートに入らないと上がらないなどの問題があったが、今度からは普通にコンボルートを回していればPTDPSが上がるようになっている。代わりに強すぎたシナジーが調整されているところもある。
  • モンクは全体に物理ダメージをアップするシナジーが追加されている。アクション押すだけで発動。一定確率?で闘気が付与される。

ジョブゲージ(ジョブHUD)

  • バフアイコンを凝視しなくていいように、ジョブ毎に専用のHUDを実装した。
  • ジョブ固有のシステムをわかりやすく表示
  • ナイトには「オウス(忠義)」という新しいスタンスが追加される。
  • スタンスの切り替えを視覚的に補強する。
  • 数字よりも視覚的に状態管理可能(揃った時点で光るなど、視界の隅で確認できる
    • コアな人は数字を見ていてください。
  • これにより極端なDPS格差をなくす。
  • サイズの変更は可能。シンプルなゲージが欲しいという声は想像してたので現在開発中。
fpIM8xJ.jpg
crNG6kn.jpg

実機で説明

  • キャスター
    • エノキアンはどちらかの属性がついている限り永続的に切れない。

このあたり実機でだらだらと説明してます。録画で確認してください。

ジョブアクション動画

ジョブアクション解説

ジョブアクションの調整

  • 範囲と単体が混じる場合
    • サンダー / サンダラ / サンダガ / サンダジャだと、サンダラが範囲サンダーに変化してる。サンダガはこれまで通りサンダーの上位。サンダーとサンダガは自動置き換え。サンダラ上位のサンダジャはサンダラの自動置き換え。なのでこの場合は2ヶ所セットが必要。
    • ルイン系なども同じ。
  • 引き続きゲームパッドでも快適なプレイが可能

ナイト

  • ブロックが物理に加えて魔法にも発動するようになる。
  • 羽は、自分の後方にいるPTメンバーの被ダメージを15%カット。かつ自身のブロック率100%。リキャ2分。移動すると切れる。

レンジのキャスト

  • 詩人機工士のキャストゲージがなくなる。
    • カジュアルプレイヤーが多く使ってくれていたが、DPSを出すことに関してコアプレイヤーとカジュアルプレイヤーの間でかなり差がついたのと、使用率が下がっていた事もあって、変更した。

サブステータス周り

  • タンク
    • 受け流しは評判が悪いので、なくなる。代わりに「不屈」という新パラメータになる。自身の与ダメージアップ、被ダメージダウン。計算式上は内部では「受け流し」は残るが、装備についてた「受け流し」がなくなり、「不屈」になる。
  • 命中もなくなる。装備のパラメータから命中が消える。どんな攻撃でも100%当たるわけではない。プレイヤーレベルとまったく同じレベルの敵を正面から殴ると、命中率が100%になるように調整される。
    • 側面や背面は110%とか120%に「内部的に」上がる。レイドでは、レベルは内部的には一緒なので気にする必要はない。ただし暗闇を食らうと、100%未満に下がり、ミスも発生する。
    • 今後装備で命中を上げる必要はなくなる。
  • 代わりに「ダイレクトヒット」というパラメータに置き換わる。
    • これはDPS装備にしかついていない。クリティカルより発動率が高いが、クリティカルほどダメージははねない。クリティカルを伸ばすよりはダメージが安定する。
    • クリティカルと同時発生することもある。フライテキストに!(ビックリ)がつく。意志力の影響がある。
天眼マテリジャどうなる?
「ダイレクトヒット+12」などに変わる
  • PIE
    • メインステではなくなる。信仰という名のサブパラメータに変わり、ヒーラー装備にしかつかなくなる。最大MP量増加の効果。
    • 種族を決める時に種族ごとの影響があったが、他のメインパラに振り分けている。いずれにしろ誤差程度の数値なので気にしなくていいです。
  • タンクのダメージ計算式をSTRに戻す。
    • アクセは、タンク用のアクセサリであるVITアクセだけ、STRアクセは物理DPSだけに装備制限が入る。PVPはこの後話します。レンジと忍者はDEXアクセのみとなる。キャスヒラも同様にINT、MNDアクセのみとなる。
  • フィジカルは言い方が難しいから別の機会に話します。

グラウンドマウント速度アップ

  • そのエリアのメインクエストクリアで1段階速度アップ
  • 2段階目はゲーム内で「とあること」をやれば開放
  • 3.56までのメインクエストクリアしていれば新生+蒼天エリアはすべて1段階速度アップしている。その後あることをすればさらに2段階目に速度アップ。

PvPシステムの変更について

  • →PvPシステム変更します
  • 変更点
    • PvPコンテンツにおけるレベル制を廃止
      • ジョブレベル40以上なら誰でも参加可能
    • PvP参加時のステータスロール毎に固定化
      • タンク、ヒラ、メレーなどで固定
      • 装備パラメータは見た目のみ反映
    • PvP専用ホットバージョブごとに用意
  • →複雑さを排除し、駆け引きを最大化!
  • DPSのスタン廃止。タンクに入れてもらってアドレナリンラッシュを打ち込むようになるので、連携が必要。
  • スリプルは残ってるが、1回受けると重複して受けない。あるけどここぞという時にしか使えなくなっている。
  • PvPは4.0スタート時からしばらくプレシーズンにしている。

ジャンプポーション

  • 実装します。
  • ストーリーショートカットアイテム
    • メインクエストのみをショートカットする
    • 1.「新生の冒険録」パッチ2.55希望の灯までをクリア済に
    • 2.「蒼天の冒険録」パッチ3.56宿命の果てまでをクリア済に
    • ジョブレベルには一切影響なし
    • いずれも6月16日にモグステーションで販売開始。
    • 日本円で新生1944円($18.00)、蒼天2700円($25.00)を予定。
  • ジョブレベルブーストアイテム
    • 該当ジョブのレベルを60に引き上げる ※ジョブごとにポーションが用意される
    • 価格は1ジョブあたり一律2700円($25.00)
    • パッチ4.1までは、1サービスアカウントあたり1個のみ購入可能。
    • ※侍・赤魔道士は販売されない。

 


  • PLLは以上!

 

公式録画

このニュースをどう思いますか?【 y 12  : n 7  】

 

ジョブアクション動画

FINAL FANTASY XIV: Stormblood – Job Actions

このニュースをどう思いますか?【 y 5  : n 2  】

タイトルとURLをコピーしました