以下の記事は 2013年6月28日 以前に書かれたものです。
特に2013年以前の記事は旧FF14に関する内容を含み、現在の新生FF14では存在しない仕様や細部が異なる仕様も存在します。過去情報の振り返りのために残していますが、内容にご注意いただきあくまで参考にとどめて下さい。

エラー90000について(6/28)

「エラー90000」という検索ワードでたどり着く方が多いため、専用の解説ページを用意してます。
→「90000」の項を参照して下さい。

 

エラー90000について(6/28)

  • 90000エラーについて吉田Pからコメントが出ている
  • http://forum.square-enix.com/ARR-Test/threads/40503?p=831605#post831605

    エラー90000について(6/28)

    プロデューサ/ディレクタの吉田です。

    エラー90000の対応状況について、最新のお知らせをさせて頂きます。

    1.各ISP様の対応状況について

    まず最も報告の多いJCOM様の状況についてですが、 前回の第2回テストにおいて、対策を施したことにより、一部のプレイヤーのエラーが解消し、 他のプレイヤーについても急ピッチで対策を進めて頂きました。 (第1回目のテストでエラーが出ていたプレイヤーが、2回目のテストでエラーが出なくなり、 その施策の有効性が確認できたので、他のプレイヤーへも適用する、ということです) 第3回のテストにて接続が安定するかどうか、ご確認をお願いします!

    混乱があったJCOM様側のインフォメーションの内容も統一が図られるとのことですので、 エラーの大多数を占めるJCOM様をお使いの皆さんは、 引き続き弊社もしくは、JCOM様側からのアナウンスをお待ちください。

    また、今回ご報告の増えたTOPPA様についても、 次回テストまでに問題を解消させるための対応を進めていただいている状況です。 こちらについては、引き続き次回テストにて接続をご確認ください。

    ぷらら様も引き続き粘り強く調査を行って頂いており、 他のISP様についても、対応の確認、状況の確認を行って頂いていますので、 次回テストにて、また改善/未改善などご報告頂けると助かります。

    2.新生FFXIV側の確認

    次回βテストフェーズ3第3回にて、ゲームサーバとクライアントの接続を一定周期で確認する、 ハートビートの周期時間を現在の時間より1800秒まで引き上げるテストを行います。 (次回テストではWindows版にのみ適用します)

    この通信自体は一般的なオンラインゲームで、ごく当り前の仕様ではありますが、 現在の新生FFXIVの同時接続者数から考えると、1通信辺りは微量でも、 大量の契約者が一斉にこれを送信することで、ISP様によっては、 何かしら問題が発生している可能性もあるためです。

    このテスト的な仕様変更により、ワールドがダウンした際などに、 ワールドとの接続が1800秒間切断されない(再ログインまでに時間がかかる)という 状況が発生する可能性がありますが、過去2回のテストによって、 ワールドダウン頻度が極小であることから、ほぼ影響がないだろうと判断しています。

    今週末のテストにて、まだ未対応となる方にはご迷惑をお掛け致しますが、 各ISP様には最速での対応を行って頂いておりますので、 引き続き、よろしくお願いいたします。

  • http://forum.square-enix.com/ARR-Test/threads/60486?p=831676#post831676

    第3回テストにおけるPlayStation3版でのテストとエラー90000について

    プロデューサ/ディレクタの吉田です。

    βテストフェーズ3へのご参加、ありがとうございます。

    6/28 18:00(JST)より開始される、3回目のテストについて、 PlayStation3版でご参加の皆さんに、テストへのご協力をお願いがございます。

    まず、3回目のテストにおいて、PS3版に以下の修正が入ります。

    1.メモリリークによる3件のハングアップ修正

    2.ジャーナル開閉時のハングアップ対策

    3.チャットログのメモリ確保対策

    4.マイチョコボ/ミニオンの表示優先順位調整

    1~3は第2回のテストで発生していたハングアップの主な原因と見られる、 メモリとUI関連の修正、および対策となります。 皆さんにご協力して頂き、かなり対応が進んでいますが、 ジャーナル開閉時のハングアップについては、対策後のQAによる再現が行えず、 引き続きテスト中皆さんのご協力を得られると大変助かります。

    ジャーナルや各種UI操作時にハングアップした場合、どういった操作でそれが発生したか、 直前の操作を不具合報告スレッドにて御報告頂けると助かります。

    また、全般的なロード時間の短縮は製品版までに、更なる高速化を図ります。

    4はフィードバックを元に表示優先順位の調整を実施しました。 人の多い都市内でミニオンマイチョコボを連れて、表示の状況をご確認ください。

    他にもPC版と共通バグの修正が行われておりますが、第3回テストでは、 主に上記4項目のテストとフィードバックにご協力頂けると幸いです。

    また、今回エラー90000の再現性確認のために、サーバとクライアントの接続を確認する、 ハートビートと呼ばれる定期通信の頻度を大幅にテスト調整しています。 「こちら」に詳細がありますので、ご確認頂けると幸いです。

  • なお話が専門的であり過ぎたため、いくつかの問い合わせが来ており、それにも答えている。

    専門的になるので詳細な解説は差し控えますが、通常プレイ範疇でFFXIVのウィンドウを閉じたり、 回線を引っこ抜いた程度では、ほぼ影響を受けないようになっています。TCPの切断処理が随所に設定されているので、 ハートビートで1800秒ウェイトされるのは、ワールドダウンが主で、あまりご心配なさらずとも大丈夫です。

    FFXIV側の対策はあくまでも「論理的にはまずあり得ないが、念のため様子を見てみよう」というレベルのもので、 根本は各ISP様の対策が効果を発揮してくれると思っています (各ISP様の対策は本格的な対応ですので)

このニュースをどう思いますか?【 y 7  : n 1  】

タイトルとURLをコピーしました