以下の記事は 2013年11月6日 以前に書かれたものです。
特に2013年以前の記事は旧FF14に関する内容を含み、現在の新生FF14では存在しない仕様や細部が異なる仕様も存在します。過去情報の振り返りのために残していますが、内容にご注意いただきあくまで参考にとどめて下さい。

新生エオルゼア145万本のセールスを記録

新生エオルゼア145万本のセールスを記録

  • それによれば、「進捗状況」として、ディスク出荷本数が約110万本、ダウンロード本数は35万本で合計145万本となっている。第2四半期決算ということで、8月27日~9月30日までの期間における締め数値となっている。
  • なおご存知の通り、新生エオルゼアは8月27日に発売開始したもののスクエニによる想定外のアクセス集中に見まわれ、ダウンロード版は8月28日ごろに、またパッケージについても9月6日ごろから出荷制限を行ってきた経緯があり、ダウンロード版は9月18日に販売再開している。
  • この状態のもと145万本ものセールス記録を作ったことは、ナンバリングタイトルとはいえ一度失敗したMMORPGタイトルのリローンチで達成した数値としては改めて驚かされる。
  • さらに課金者数についても「60万人を突破し、すでにFFXIのピーク時を超えた(足元の状況)」としており、常に比較される兄弟タイトルであるFF11の課金者数をも凌駕したことが正式に発表された。今後来年半ばにも予定しているエクスパンション(拡張ディスク)まで順調に運べば、いよいよお荷物であった「14ちゃん」(某掲示板)が独り立ちするということになるだろう。
  • こうして数値で示されることにより、改めて、あのどん底の状態からこれだけの盛り上がりを作り上げた吉田体制がいかに素晴らしい成果を残したかがわかる。
  • もちろん莫大な開発費用をかけて開発されたMMORPGタイトルであり、パッケージ販売や初月課金だけでは回収はおぼつかない。いかにプレイヤーの視点に立ちプレイヤーを楽しませられるかに今後がかかっているのは、少しも変わらない。

このニュースをどう思いますか?【 y 11  : n 7  】

  • 11がピーク時55万、DQ10がいま52万らしいからスクエニうはうはだな — 2013/11/07 (木) 00:11:37
  • こうやって数字で見せられると凄いと言わざるを得んわ。吉田の集客センスは抜群だったな。あとは中身もうちょっとなんとかしてマジでお願い — 2013/11/07 (木) 00:52:51
  • 無料延長してたからベテランリワード目当てだけでこれだけいたってことかよ すげーな — 2013/11/07 (木) 00:58:26
  • これで慢心することなく開発がんばってほしいなぁ — 2013/11/07 (木) 01:14:54
  • >03課金者数は足元っていってるから9末じゃなくて11月頭現在かな。それにしてもすごい数だけど。 — 2013/11/07 (木) 02:13:40
  • こんだけ売れたんならBA頑張ってくれよ・・・もうやる事なさすぎで心折れそう・・・ — 2013/11/07 (木) 08:27:20
  • せっかく立て直したんだから気合入れて欲しい — 2013/11/07 (木) 10:35:35
  • 「プレイヤーの視点に立ちプレイヤーを楽しませられるか」一部のユーザーのわがままに合わせた調整ばっかりならないよう祈るのみ — 2013/11/07 (木) 17:20:46
タイトルとURLをコピーしました