新情報発表会

本日は「新情報発表会」の放送日です。

・従来の拡張ディスク発表に伴うファンフェスティバルに相当するものです。今後2年間のFF14の動きの概要が、今日一気に発表されます。
・その後、15時からはパッチ5.5の内容を発表するプロデューサーレターライブも開催予定です。
・14時間生放送については、開催延期

2021年2月6日(土)に「ファイナルファンタジーXIV 新情報発表会」を全世界同時生放送でお届けします。

ファイナルファンタジーXIV 新情報発表会

日時

2021年2月6日(土)10:30頃~
※開始時間は変更される場合があります。

視聴方法

※放送は日本語/英語で行われます。

世界中の光の戦士たちと一緒に、発表の瞬間を楽しみましょう!

 

    1. ファイナルファンタジーXIV 新情報発表会
      1. 日時
      2. 視聴方法
  1. 新拡張ディスク名称は「暁月のフィナーレ(ぎょうげつの- / ENDWALKER)」
      1. トレーラービデオ第一弾
      2. 新たな複数のジョブ
      3. ヒーラー新ジョブ「賢者 / SAGE」
        1. 特徴
        2. イメージは「バリアヒーラー」。
        3. 武器「賢具」
        4. ジョブクエスト
    1. ストーリー
      1. 暁月ストーリーのプロット
      2. 未だ残る多くの謎
    2. キャラクター
      1. アルフィノ
      2. アリゼー
      3. アシエン・ファダニエル
      4. ゼノス
    3. 暁月のフィナーレの要素
      1. 1.レベルキャップ80→90
      2. 2.新しいフィールド追加
        1. ラザハン
        2. ガレマルド
      3. 3.新しい獣人たち
        1. マタンガのアルカソーダラ族
        2. もう1つはお楽しみに
      4. 4.新たなる脅威
      5. 5.多数の新ダンジョン
      6. 6.新たな高難易度レイド「万魔殿パンデモニウム」
      7. 7.アライアンスレイド
      8. 8.新たな少人数PvP
      9. 9.新たなサイドクエスト
      10. 10.多数の新装備/新クラフト
      11. 11.フェイスシステムアップデート
      12. 12.ゴールドソーサー新コンテンツ
      13. 13.無人島開発
      14. 14.ハウジングエリア「イシュガルド」追加
    4. バトルシステムメンテナンス
      1. バトル計算式のデノミネーション
      2. 帯防具の削除
    5. 新システム「データセンタートラベル」
    6. 松田社長登場「PS5版のオープンβ4月13日から!」
    7. 次の情報発表は5月のデジタルファンフェスにて
      1. デジタルファンフェス販売アイテム1:新マウント「ルナホエール」
      2. デジタルファンフェス販売アイテム2:ミニオン3種

新拡張ディスク名称は「暁月のフィナーレ(ぎょうげつの- / ENDWALKER)」

発売時期は「2021 FALL」

吉田PTシャツは「NO COMMENT」

今回はファンフェス1回目+α程度。5月予定のデジタルファンフェスで続報発表予定。

トレーラービデオ第一弾

FINAL FANTASY XIV: ENDWALKER Teaser Trailer

世界の惨状を描いていた。

暁の面々が対抗する様子が描かれていた。

主役はナイトジョブ。旧FF14プロモーションでもよく似た構図のものがあった。

新たな複数のジョブ

2つのジョブ実装。

前回の漆黒のヴィランズでは、ヒーラーがいねえぞと世界中のプレイヤーからいわれた。今回先にロールを発表する。

1つ目は、ヒーラーロール。

2つ目は、近接物理DPS。ネット予想では力士予想があって、それがどこから来たのか不思議だった。力士ではない。

トレーラーに登場していたアルフィノが新ジョブにジョブチェンジしている。

ヒーラー新ジョブ「賢者 / SAGE」

動画紹介

魔力を込めた武器を操る賢者。FF14オリジナルの武器。

特徴
  1. ヒーラーロール
  2. 武器は賢具。魔力で操作する。キャラ背後にある4つのものが変わっていく。
  3. クラスなし。ジョブからスタート。
  4. 初期レベル70
  5. いずれかのジョブがレベル70に到達していて、暁月のプレイ権利を持っていればプレイ可能
イメージは「バリアヒーラー」。

バリアヒールを多く持つバリアヒーラー。

学者もバリア。白魔道士はピュアヒーラー。6.0からピュアヒーラー2ジョブ、バリアヒーラー2ジョブ体制となる。

占星術師はピュアヒーラー寄りに調整される。今後詳細を発表していく。

武器「賢具」

魔法によって操る「賢具」を使う。

一時的に自身の魔法を強化させる特徴を持つ。

ジョブクエスト

リムサ・ロミンサでスタート。

 

ファンネルとかコメントが上がっているが、Tシャツ通りNO COMMENTとします。

Tシャツ着替え。近接はネクロマンサー

ストーリー

タイトルに注目「FINAL END フィナーレ」

FF14の10年に渡って語られてきたメインシナリオ「ハイデリン編」が、フィナーレを迎える。

※これは以前から明らかにされたところで、FF14自体は継続するが「ハイデリン・ゾディアーク編」は一度完結し、その後別のシナリオが開始される。

新生の「朝」、蒼天の「昼」、紅蓮の「日暮れ」、漆黒の「夜」、暁月の「夜明け」という順番になっている。

一周するところできれいにフィナーレを迎える。

パッチ6.1からは、ハイデリン・ゾディアーク編とは異なる新たなストーリーが開始される。

 

吉田Pは、続投。「私は辞めません。ほぼライフワークなので、社長から”お前もういいよ”と言われるまで続けます。辞めるときはちゃんといいますし、辞める気はないです。

暁月ストーリーのプロット

そもそも太古に起きた週末とは何だったのか?

ゾディアーク、ハイデリンは今どうなっているのか?

それらを明らかにするため、光の戦士は月へと降り立つ。

「ハイデリン・ゾディアーク編」遂に完結!

未だ残る多くの謎

  • 週末はなぜ起きたのか?
  • ハイデリンとゾディアークはどうなったのか?
  • ガレマール帝国はどうなるのか?
  • ゼノスとアシエン・ファダニエルの目的は?
  • 月には何が存在しているのか?

これらをきれいにストンと解き明かしていく。

託された古代人の想いとは?

キャラクター

アルフィノ

賢者にジョブチェンジ。

アルフィノが着ているのが、賢者AFのアルフィノバージョン。

アリゼー

引き続き赤魔道士として戦う。

ようやく新しいコスチュームに着替える。誰に渡されていくのか?にも注目。

アシエン・ファダニエル

転生組アシエン。

アサヒの身体を使っている彼の目的は何なのか?けっこう嫌われてるが、彼はラスボスではない。彼には大きな秘密がある。

ゼノス

表舞台へと登場する。

「友」である光の戦士と再戦したい。プレイヤーが友と思っていないことはしっているが、片思いは激しいので諦めて下さい。

 

暁月のフィナーレの要素

1.レベルキャップ80→90

まもなく100になる。

2.新しいフィールド追加

過去と同じ規模。

ラザハン

新たなプレイヤー小タウン。※漆黒でのユールモアに相当。クリスタリウム相当ではない。

都市国家ラザハン

ジョブ「踊り子」の発祥の地でもある。

サベネア島がまるっと実装され、その中にラザハンがある。

亜熱帯エリア。

ガレマルド

ガレマルドはガレマール帝国の首都。

大変なことになっている。ボロボロになってる。

どういう経緯でこうなっているのか?どういう経緯で訪れることになるのかはお楽しみに。

3.新しい獣人たち

マタンガのアルカソーダラ族

出会ってる人はすでに出会ってる。アジムステップで敵対しているモンスターがいる。その中で友好的な種族。

もう1つはお楽しみに

「ただねぇ…月ですしねぇ…」「ファイナルファンタジーで月かぁ…」

 

4.新たなる脅威

ファイナルファンタジー10が好きな方はわかるのかなぁと。

アニマ(ANIMA)という異形と出会うことになる。

FF10のアニマの作画をした人が14チームにいる。彼が描いたアート。

5.多数の新ダンジョン

アートワークで紹介

1枚目:ラザハンっぽい

2枚目:有機生物っぽい感じ

3枚目:列車なのかな…?

色んな要素がありますのでお楽しみに!

6.新たな高難易度レイド「万魔殿パンデモニウム」

イメージイラストはアシエン。

ラハブレアの獣面。

完全FF14オリジナルのレイド。

7.アライアンスレイド

内容は次のデジタルファンフェスで。

今回はコラボではなくオリジナルストーリー。

エオルゼアに古くからある謎の話。けっこう謎の存在が残っている。

8.新たな少人数PvP

フィーストとは別。

ロールの概念をなくしたフリーロールでカジュアルに熱くなれるPvPコンテンツ。

マッチングしやすく気軽に行けるもの。

リワード(報酬)もギア(装備)以外にまったく新しい報酬カテゴリーを用意している。

 

9.新たなサイドクエスト

ロールクエスト

漆黒と一部変更がある。これまではタンク・ヒーラー・近接DPS・遠隔DPSと4つのカテゴリーだったが、ざっくりしすぎてたので、「魔法DPS」とロールを1つ追加する。これでより話しの内容をフォーカスしやすくなる。

クラフター&ギャザラークエスト

大タウンでのクエストがある。

10.多数の新装備/新クラフト

11.フェイスシステムアップデート

フェイスNPCが追加される。

エスティニアン。竜騎士として参加。これで暁の近接不足問題が解決されるのではないか。合流経緯は5.5などから説明される。

「フェイスを利用しての新要素」も今後のPLLなどで説明予定。

12.ゴールドソーサー新コンテンツ

ドマ式麻雀に並ぶような規模のもの。

13.無人島開発

FF14の中でスローライフを楽しんでいくというコンテンツ。

ギャザラー・クラフターを育てていなくても楽しめる。やってる人にも特典はあるけど、みんなで楽しめる。

たとえば動物の飼育とか島を開拓してそこで採れた特産物で防疫したり、ミニオンを放し飼いにしたり。

開発内でのコードネームは「ダッシュ島」と呼んでいた。

6.X全体を通じてアップデートをしていく。

14.ハウジングエリア「イシュガルド」追加

新たな居住区(ハウジングエリア)の実装。

漆黒と同じで、6.0スタート時は開放するがまだ購入はできない。下見をしておいてもらう。6.1のタイミングで購入を開放する。

区画数とかは他のハウジングエリアと同じで、アパルトメントもある。土地不足対策も継続して行っていく。

 

バトルシステムメンテナンス

これまでの拡張同様に、細かい調整やアクション追加は普通に行う。

それ以外に重用なお知らせが2つある。

バトル計算式のデノミネーション

バトルでのベースダメージがガンガン上がっている。あまりに数字が大きくて分かりづらい。開発上も問題が出てきている。

  1. 計算式のオーバーフロー(桁が大きすぎてプログラム実行上計算バグを生み出す)今までにも発生してきたが、無理やり対応を行ってきた。これ以上はパケットサイズの上昇などが出てしまうためデノミを行う。
  2. ヘイト計算の限界。内部的には、タンクヘイトがキャップに張り付いた状態を、無理くりごまかしている。これを整理する。
  3. フライテキストの表示限界。
  4. 敵の最大HPの肥大化。これもオーバーフローの要因のひとつとなっている。※例えば5.5での最大HPが4億4千万となってしまっている。

どうするのか?

  1. レベル51~80までの数値差が小さくなる。例えば、レベルが1つあがると5%上昇していたとすると、レベル51~80までの間を圧縮して1%ずつしか強くならないような調整を行う。特にヒットポイントや火力上昇の嵯峨少なく感じられるようになる。
  2. アクション一撃の最大ダメージが小さくなる。
  3. パッチ6.Xで開放するレベルキャップレベル81~90の上昇分は、これまでと同じ成長度合いになっている。※調整は51~80のみになるようにしている
  4. 経験値も同様に小さな値となる。全体的にギュッと圧縮する。NextLevelも敵から受け取る経験値も同様に減ることになる。
  5. モンスターのHPやダメージも小さくなる。

プレイヤーが弱くなるわけではなく、体感的なものは変わらない。

1つだけ、「制限解除」という遊びがあるがこれが今よりもクリアが難しくなってしまうという弊害が出る。※解除での挑戦が前提となっているクロちゃん手帳に影響が出るか?

530のファイジャで1万程度になる。だいたい5分の1程度になるイメージ。

長くFF14のサービスを続けていくための措置であるため、ご理解いただきたい。

帯防具の削除

新生時は非表示で乗り切ったが、今回削除されることになった。

「リングは?」という声もあるが、左右別々のグラフィックスを楽しむというプレイスタイルがあるため、”今回は”見送った。

  1. 6.0以降、帯防具は装備不可能になる
  2. 装備したまま6.0を迎えると遺失物管理人預かりになる ※つまりプレイヤーは何もしなくていい。マテリアを外したい人は外しておく必要がある。 ※発表会後、開発より吉田Pに連絡があり、遺失物管理人から取出して装着しているマテリアを外せばよいだけなのでプレイヤーは何の準備もしなくて大丈夫とのことだった。
  3. 各コンテンツ/交換から帯防具排出が停止される

帯防具の空きは

  • 主武器に+15でトータル50枠
  • 指輪に+15でトータル50枠

残り5枠は開発で保留しておく。

新システム「データセンタートラベル」

現在開発中。

DCを超えて友達のところへ遊びに行ける。

遂にデータセンターを超えて遊びに行けるようになる。

いったんログアウトは必要だが、キャラ選択画面から他のデータセンターに遊びに行ける。

その代わり、他のデータセンターに遊びに行くと、現在のワールドテレポより制限は増える。

経済への弊害は、ワールドテレポ時も言われていたが影響は出ていない。もちろん調査は行う。

 

松田社長登場「PS5版のオープンβ4月13日から!」

みなさんにお知らせしていないことがある。

社長「PS5版のオープンβ4を月13日から開始します!」

社長「次のパッチと同じ日なんでしょ?」

吉田「パッチ5.5の日付はまだ言ってません。」

社長「動画ももってきたので皆さんに見てもらいましょう!」

  • 4K出力に完全対応!
  • 超高速ロードによる体験向上! 動画のスピードでエリアチェンジできるようになる。
  • フレームレートも大幅向上!

用途に分けてオプション設定を増やす。画質に拘る4Kモードと、2Kでフレームレート上げる遊びを切り替えできるようになる。

PS4発売時同様に、PS5向けにもパッチをあてるたびにPS5ならではの遊びができるように対応を順次行っていきます。

社長「で、お値段は?」

吉田「ボクとしてはこうしたい。PS4版のプレイ権利を持っていれば、正式サービス以降はそのままPS5で遊べる。簡単に言えばPS4で遊んでいればそのままPS5でも遊べてしまう。

社長「それはいいアイデアだね!ぜひこれで行きましょう!」

なんとか本体だけ手に入れて欲しい。

次の情報発表は5月のデジタルファンフェスにて

2021年5月15日、16日の2日間。

デジタルファンフェスで全世界同時配信。リアルで集まって貰える人には集まって欲しい。

音楽ステージもご用意。

ストリーミングは音楽コンテンツも含めて無料視聴できる。

ただしゲストが来るため、アーカイブから見れない可能性がある。ぜひライブで見て欲しい。

デジタルファンフェス販売アイテム1:新マウント「ルナホエール」

無料で大丈夫か?という方向けに新アイテム「ルナホエール」発売!

天野センセイデザイン。動画も公開。FF14初の8人乗りマウント。

デジタルファンフェス販売アイテム2:ミニオン3種

エッジ、ローザ、リディア

 

 

 

今回は以上!

次は5月のデジタルファンフェスティバルで発表!

タイトルとURLをコピーしました