第67回FFXIVプロデューサーレターLIVE

本日は「第67回FFXIVプロデューサーレターLIVE」です。

目次

公式情報

次回のプロデューサーレターLIVEは、アーリーアクセス目前のパッチ6.0「暁月のフィナーレ」最新情報をお届けします!

ギャザラー&クラフター、システム関連、新PvPなど、新たなアップデート内容をご紹介する予定です。

日時

2021年11月6日(土)11:00頃~
※開始時間は変更される場合があります。

視聴方法

※放送は日本語と英語の同時通訳で行われます。

放送内容

  • パッチ6.0最新情報
  • その他お知らせ

公式録画

FINAL FANTASY XIV Letter from the Producer LIVE Part LXVII - finalfantasyxiv on Twitch
finalfantasyxiv went live on Twitch. Catch up on their Final Fantasy XIV Online VOD now.

 

残念なお知らせ(2週間発売遅延)

11月23日発売予定の「暁月のフィナーレ」、間に合いませんでした。

2週間延期。正式発売日は12月7日、アーリーアクセス12月3日になります。

理由は私(吉田P/D)のわがままです。

今回の「暁月のフィナーレ」は過去最大のボリュームで、開発チームも努力を続けたため物量に関しては押し込めたので、それだけで言えば出せる状態。

クオリティアップのためにひたすら調整をかけていたら、マスターQAの時間を食い尽くしてしまった。

史上最大の混雑が想定され、マスターQAの時間も相当かかることが想定される状況で、どうするか相当悩んだが、先週の金曜日に意思決定をした。

訂正版:パッチ6.05までのスケジュール

 

ローンチトレーラー

エンドウォーカー。終わりに向かって歩む。

 

プレイヤータウン・フィールド

  • オールド・シャーレアン:アルフィノとアリゼーの実家ルヴェユール邸がある(メディアツアー動画にも出ている豪邸)。
  • ラザハン:サベネア島にある都市。物語上、けっこう重要なことが発生してくる場所。
  • ラヴィリンソス:地下。
  • サベネア島:メディアツアーでも頻出。空気感などに拘った。大変きれいに仕上がった。
  • ガレマルド:ガレマール帝国の首都。メインシナリオ終了後に復興したくなるかどうか…
  • 嘆きの海:月面。
  • ????(浮島てきなの):スクショもだめ。どこを撮っても全部ボツになるのでアートにした。

新たなメインクエスト

6.0最大のウリ。

主要人物の紹介

  • サンクレッド:だいぶ成長してきた。旧FF14からすると随分成長した。特技と言えばナンパだったのが、今や暁の最前線。今回も非常にいい活躍をしてくれます。
  • ヤ・シュトラ:世界のすべてを探求する。非常に難しいことをプレイヤーに解説してくれる。(各国語コメントで流れてるけど)僕(吉田)は「ママ」とか「マミー」とかいってないですからね。
  • ウリエンジェ:ウリエンジェにも特別の思い入れがある。旧FF14の第七霊災で急遽登場して怪しげなシャウトをしていた人。
  • アルフィノ:(MMORPGとしてはプレイヤーが主役だが)物語上の主役という立ち位置。
  • アリゼー:アルフィノ・アリゼーの2人は元々シャーレアンで暮らしていた。我々が出会う前の2人が知れる。色々な話がヒントトークで出てくる。今回相当そこも拘ったのでお見逃しなく。(クエスト進行中の)その時しか出てこないセリフが多い。
  • グ・ラハ・ティア:他の賢人とは違った知識と経験を持っている。どう絡んでいくのか。
  • タタル:もちろんタタルも大活躍する。ゾディアークから核のエリディブスがこぼれ落ちたのでそこにスポっとはまるのかどうか(笑
  • クルル:バルデシオン委員会メンバーで、今回重要な役割を果たす。エスティニアンを暁に入れたのはタタルとクルル。
  • エスティニアン:元「蒼の竜騎士」でイシュガルドを出奔したため、無職といえば無職。
  • ゼノス:何も語らないでおきましょう。今回はリーパーとして登場する。テロフォロイの首魁。
  • 光に佇む淑女(Lady of the Light):非常に重要な人物。そもそも胸元にマスクかけとるやん。名前がヤバい。

今回メインストーリーに遊びが実装されている。

クエスト中の体験として自動的にマウントに乗せて移動というのもあるが、「NPC連れ歩き」というのもある。スクショではアルフィノとアリゼーが一緒に目的地まで移動(会話とか)している。大きくハズレたところに行こうとすると元の位置に戻るようになっている。いろんなキャラとシチュエーションに合わせてNPCが変わる。必要性があるので連れ歩くことになる。この途中にグルポが起動するように作っている。

ロールクエスト

1系統増えて、5系統になった。タンク、ヒーラー、近接、遠隔物理、遠隔魔法(キャスター)の5つ。

5つのロールクエストクリアするとチャレンジできるエクストラクエストを6.1以降で実装予定。6.0中にいろんなジョブのレベリングをしていただけるとありがたい。

今回は(漆黒と違って)ロールクエストはメインクエスト進行の必須条件となっていないが、一緒に進めてもらったほうが楽しめると思われます。

レベル90のジョブクエストというものはない。開発としては、前回のレベル80で物語としては完結していると考えている。

ヒカセンが強くなりすぎて、ジョブクエストが破綻する。そういうのもあって一旦終了としている。

シャーレアン魔法大学取引

クラフターギャザラー向けのクラスクエスト。ミーン工芸館取引と同様の5系統。エクストラクエストも用意している。

新たなダンジョン

ノーコメント。ネタバレになるので何も言えない。

新たな討伐討滅戦

ノーマルとハード両方あります。

それ以外はノーコメント。

新たな高難易度レイド「万魔殿パンデモニウム」

  • 万魔殿パンデモニウム:辺獄編(Pandaemonium: Asphodelos) パッチ6.01 ※サービス開始から2週間後に実装
  • 万魔殿パンデモニウム零式:辺獄編 パッチ6.05 ※4週間後

チラ見せ

新たなトレハンダンジョン「宝物庫エキサイトロン」

パッチ6.05零式と同時に実装

床だけしか映せない。

 

新たな少人数PvP「クリスタルコンフリクト」

少人数PvP、パッチ6.1

人が集まらず、しっかりバランスを取ってやろうということで6.1予定。

新しい報酬システムをパッチ6.1で導入する。※クリスタルコンフリクトに限らずPVP全般

コンセプト

  • 少人数(5 vs 5)のPvPコンテンツ
  • シンプルなルール&短時間で気軽に遊べる
  • ロールによるマッチングや、ロールアクションは撤廃
  • 各ジョブPVP専用のアクションになる。アドレナリンラッシュもジョブ別に実装
    • ※例えば竜騎士にはジャンプ的なものはあるがPVPとは切り分けている?リソースは(PVEと?)共有しているが、別物。ジョブは使っているけど完全に新しい遊びになる。直前に実機を使って説明予定

概要

  • 5 vs 5のチーム戦
  • 各チームロール縛りなし、5つの異なるジョブで構成
  • カジュアルマッチ、ランクマッチ、カスタムマッチの3種類
  • なるべく実力の近いプレイヤーでマッチング

基本ルール

  • 中間位置にある中立オブジェクトを巡って戦う
  • 押し込んでいって押し込めば勝利 ※要するにスプラ2のガチヤグラだと思われる
  • マップも複数ある
  • マップ自体にもギミックがある

報酬

  • 「クリスタルコンフリクト」シーズン報酬 ※報酬は称号やアチーブメントなど”名誉”に関わるもの

    • ランキング順位報酬
    • シーズン階級報酬
  • PVPコンテンツ一般
    • 新たに「シリーズ(仮)」という期間を設定する

      • 期間中に各種PvPをプレイすることで「シリーズ報酬」を獲得できる。どのPVPでも良い。
    • シリーズEXPを貯めてシリーズレベルアップ

      • シリーズレベルが上がると専用トークンを獲得する
      • 特定レベルに達すると装備品やマウントなどを獲得する
      • 専用トークンはシリーズ持ち越し
      • 過去シリーズ報酬は、後々交換ラインナップに追加予定

 

キャラクターカードシステム

  • 対戦前に表示されるプロフィールをカスタマイズできる
  • PVP時だけでなく、「調べる」で表示されるキャラクタープロフィールを拡張する形で実装検討中
  • ゲーム中の各種報酬で背景などの装飾を入手できる

 

フィースト

  • 6.1で廃止
  • 6.0-6.1まではプレシーズンとしてプレイ可能
  • 「狼の首輪」は今後も獲得・交換できる

 

ギャザクラ調整

HQ排出停止の補足

  • HQ納品必要なクエストはNQで進行可能に
  • ギャザのHQ納品納品ボーナスは廃止。基本報酬料を引き上げ
  • HQ採集に関わるアクションの効果変更
  • HQ採集が必要なアチーブメントは条件が変わるが達成可能

HQ素材がなくなる。中間素材HQは残る。

リーヴ報酬の見直し

  • リーヴ受注件1枚に対する報酬量を調整する
    • 大口依頼・漁師の大量採集は多すぎたので引き下げ
    • それ以外の依頼は一部引き上げ
    • 経験値デノミも合わさって数値は(5.Xに比べて)減って見える場合がある

 

 

システム関連の調整

  • レベルアップに必要な経験値・獲得経験値のデノミ

    • 全クラス、ジョブ、リテイナー・フェイス
    • レベルアップに必要なプレイ時間やコンテンツ攻略回数には影響なし
  • 蓄積途中の経験値リセット

    • レベリング中の経験値(60→61など)は6.0でリセットさせていただく。DB更新でとんでもない日数がかかるため見送った。切り上げしたかったが切り上げだと結局レベルの更新をしなきゃいけない
    • 全クラス、ジョブ、リテイナー・フェイス

新たなアラガントームストーン

  • 経典(けいてん、Aphorism)下位。週制限なし。
  • 天文(てんもん、Astronomy)上位。6.0から4週間後に実装。
  • 詩学は今まで通り続投。「永遠」とかに変えようかと思ったがレガシーとしてこのままにした。
  • 武器交換に必要なトークン量は1000→500に変更

 

 

 

髪型

ヴィエラ族の新髪型。※ロスガルは特殊なので6.1予定

 

 

新たなスクリップ

紫貨(しか)

アチーブメントUIリニューアル

もうすぐ達成できそうな項目やそのエリアで達成できそうなアチーブメントの表示も可能になった。

その他

  • 楽器演奏中のグループポーズ起動許可
  • カンパニーアクション「衰弱軽減」を「都市内スプリント効果時間延長」に置き換え
    • ※零式での影響が大きすぎたため調整
  • 軍票交換品にランダムなミニオン・マウントが入手できる箱を追加
    • 「必ず入手」とは書いていない。花火が出てくるのだろうか…

 

  • Embody “Immerse Spatial Audio”に対応(Windows版)
    • エンボディ社の提供する有償サービス。耳の形状に合わせてパーソナライズし再生することで360度から音が聞こえてくるようなより立体感のあるオーディオをお楽しみいただけます。サウンドチームがやりたいということで実装
    • エンボディ社のサイトでライセンス取得 → 耳の写真撮って送る → ゲーム内コンフィグでON
    • 「暁月のフィナーレ」開始時に14日間の無料体験が可能
    • PS5は元々360度で鳴っている(3Dオーディオ)。いいヘッドフォンさえ買ってもらえれば。

 

ハウジングアップデートと「エンピレアム」実装

  • 新たなハウジングエリア「エンピレアム
    • 蒼天街をベースにしている
    • 通常街24区画+拡張街24区画を追加予定 ※戸数で言うと1440戸
    • パッチ6.0から土地は空いている(見学可能)が、6.1から(新しい土地販売システムで)販売開始

新しい土地販売システムに向けた準備

  • 6.0:整備中の土地への「引越」を廃止
  • 6.1:時間経過による土地価格の値下げを廃止 ※実質的に機能していないため
  • 6.1:FC加入直後のメンバーへの土地購入権限の付与や、FCマスター権限の委譲を制限する ※不正な土地転売に利用されている
  • 6.1:「抽選販売システム」を導入 1戸ずつ「抽選販売」と「早いもの勝ち」の設定ができるようになっている。比率などは6.1までに決めていく。基本的には圧倒的に抽選販売が多い予定 ※FC用、個人用の比率も設定可能にした

新しい土地販売システム

  • 抽選の応募条件:個人宅
    • いずれかのクラスジョブがレベル50以上
    • グランドカンパニー階級:「少○士」以上
    • 同一サービスアカウントの別キャラクターが、そのワールドの土地を持っていないこと ※そのキャラが土地を持っている場合は引越しのための応募は可能
    • ※シロガネ及びエンピレアムについてはメインクエスト進行が必要
  • 抽選の応募条件:FC宅
    • FC所属していて、土地の購入・放棄権限を有している
    • 所属FC4名以上、ランク6以上
    • 同一サービスアカウントの別キャラクターが、そのワールドでFC用の土地購入者になっていないこと ※そのキャラが土地をの購入者の場合は引越しのための応募は可能

  • 抽選販売スケジュール
    • 全ワールド、全ハウジングエリア共通
    • 応募期間(数日間):空き土地のサインボードから応募して「抽選番号」を受け取る
    • 当選発表・手続き期間(数日間):当選番号が決定し、期間中に当選者は手続きして土地を所有する。購入されない場合は、次の応募期間へ。
  • 抽選販売スケジュール:応募期間
    • 一度の応募期間につき、1プレイヤーキャラクター1回、どこか1箇所のみ応募可能
    • 応募は空き土地のサインボードから。その際に現在の応募人数が確認可能
    • 応募時に土地代を全額支払う(落選時には返金) ※冷やかしをなくすため
    • 応募後のキャンセル不可
  • 抽選販売スケジュール:当選発表・手続き期間
    • 応募した土地のサインボードから当落を確認
    • 当選者は期間中に手続きして土地を所有。期間を過ぎた場合は権利は放棄される。その差異土地代はキャンセル料を引いた50%のみ返金 ※割合は上げる可能性あり
      • 裏側でログを取っているので、冷やかしと認定されれば通常の禁止事項のプレイ阻害と判断される可能性があるのでご注意ください。
    • 落選者は土地代全額返金。ただし受け取り期限(原則90日ぐらい)あり。
    • 引越しをする場合も、この手続で抽選に当たれば引越し可能となる

オセアニアデータセンター

2022年2月データセンター「Materia」オープン

DC内ワールドは、すべて「新設」となり、「ホームワールド変更の無料化」などの特典が適用される。

 

6.05までのスケジュール確認

守護天節:6.0同時実装予定だったが、12月にずれ込むので時期をずらして実施

ローソンのキャンペーンの「キングポークシー」などもずれ込むことになる。※データがパッチ6.0分にしかはいってないためこれだけを前倒しに出来ない マイレージキャンペーン|『ファイナルファンタジーXIV』キャンペーン|ローソン研究所

 

お知らせ

パッチノート朗読会

12月2日20時~

「暁月のフィナーレ」メインテーマレコード発売迫る

FF14コミックス発売

スピンオフマンガ。

 

以上

タイトルとURLをコピーしました