ファンフェスティバル 2024 in 東京 1日目

スポンサーリンク
  1. ファンフェスティバル 2024 in 東京 1日目
    1. 公式サイト
    2. 視聴方法
      1. 無料ストリーミング配信について
      2. 有料ストリーミング配信について
        1. 視聴方法
        2. チケット価格
        3. 販売期間
        4. アーカイブ期間
    3. タイムスケジュール:2024年1月7日(日)
  2. 基調講演
    1. 新トレーラー
    2. 発売日はギリギリまで調整中
    3. 新ジョブ:ピクトマンサー(Pictmancer)
    4. ストーリーについて
      1. パッチ6.55のパート2は1月16日リリース
    5. トラル大陸の追加情報
      1. 新たなフィールド
      2. 新エリア:ソリューション・ナイン
      3. 新エリア:ヘリテージファウンド
    6. 新たな友好部族
    7. システムなど
    8. 新たな生活系大規模コンテンツ
    9. 新アライアンスレイド:エコーズ オブ ヴァナ・ディール
    10. 新たな8人レイド:至天の座アルカディア
    11. 新たな「絶」:絶もうひとつの未来
    12. その他継続コンテンツ
      1. フィールド探索型コンテンツ
    13. 新リミテッドジョブ:魔獣使い
    14. 第一次グラフィックスアップデート情報
      1. 染色箇所が2部位になる話
    15. ここからはお知らせ
      1. 動作環境の更新
      2. フリートライアル範囲の拡大
      3. ついにXBOX版を2024年2月にオープンベータ
      4. FF16とのクロスオーバークエスト「炎影の旅路」は4月実装予定
    16. 最後にひとつ:ロスガル女性
    17. 桐生社長とFFブランドマネージャー北瀬氏登場
      1. 全世界累積冒険者数3000万突破
      2. 開発メンバー登場
  3. 開発チームのここが言いたい
    1. カッパ登場

ファンフェスティバル 2024 in 東京 1日目

公式サイト

「ファンフェスティバル 2024 in 東京」特設サイト更新!(ステージプログラム) | FINAL FANTASY XIV, The Lodestone

 

視聴方法

無料ストリーミング配信について

「スペシャルライブ – ピアノ」と「スペシャルライブ – バンド」を除く、2日間のすべてのステージプログラムをお楽しみいただけます。

※視聴時間や視聴URLは決まりしだいお知らせします。
※配信内容は後日、アーカイブとしてご覧いただけます。

 

有料ストリーミング配信について

「スペシャルライブ – ピアノ」と「スペシャルライブ – バンド」を、それぞれ余すところなくお楽しみいただけます。ファンフェス当日はもちろん、期間中はアーカイブでの視聴も可能です。チケットの販売開始は12月19日(火)を予定していますので、楽しみにお待ちください!

視聴方法

有料動画配信プラットフォームStreamPass / FanStream
※一部地域を除く日本国外でも視聴可能です。

チケット価格

両日視聴チケット 3,500円(税込)
※別途、システム利用料440円(税込)がかかります。

販売期間

2023年12月19日(火)~ 2024年2月5日(月)23:59頃
※チケット購入ページは、販売開始当日に公開予定です。

アーカイブ期間

2024年1月9日(火)18:00頃 ~ 2月6日(火)23:59頃
※場合により、公開開始時間が変更となる可能性があります。

 

「ファンフェスティバル 2024 in 東京」特設サイトは『こちら』。

 

タイムスケジュール:2024年1月7日(日)

メインステージ

  • 10:00 – 12:00
    基調講演
  • 12:00 – 12:30
    オープニング
  • 13:00 – 14:30
    開発チームのここが言いたい
  • 14:30 – 16:30
    クリスタル通信Presents クイズ「私たち、かしこイーア」&グラウンド中継
  • 16:30 – 18:30
    GALLERIA Presents クリスタルコンフリクトリージョンチャンピオンシップ 2023
  • 19:30 – 20:40
    スペシャルライブ – ピアノ
  • 20:40 – 21:00
    エンディング

サブステージ

  • 12:30 – 19:00
    麻雀大会 2024 in ファンフェスティバル

 

基調講演

新トレーラー

吉田Pが前髪を垂らさずにデコを出した新ヘアースタイルでの登場。

通訳はローカライズのケイトさん

発売日はギリギリまで調整中

計画上は決まっているが、まだ公表できない。

慎重に決めたい。前回「暁月のフィナーレ」で延期をしてしまったため、今回はもう少し時間を頂きたい。

次の機会で発売日を出したい。

 

新ジョブ:ピクトマンサー(Pictmancer)

リルムはジョブ名じゃないw

新ジョブ動画。

ピクトマンサー。筆を武器とする遠隔キャスター。

唯一FF6に登場したジョブ。敵のイラストを描いて、その敵の技を使って攻撃する。

FF14では描くという部分を発展させて、描くことで攻撃やサポートなどを行う非常にユニークなジョブと鳴っている。

今回、クルルがピクトマンサーにジョブチェンジする。戦えなくてお留守番が続いていた。

さすがに50才のおじさんがコスプレするのはムリがあるのでコスプレは見送りをした。代わりに素敵なモデルさんにコスプレしていただきました。

 

「絵画魔法」という魔法を使う

サポートジョブというわけではないが、黒魔道士のような攻撃特化ではないということだけお伝えしておきます。

蘇生魔法はもっていない。

ドイツ語版ジョブ名称についての注意

 

ストーリーについて

 

依頼主が彼女。トラル大陸の王女「ウクラマト」という名前。

パッチ6.55のパート2から登場する。さっそく非常に濃いキャラクターとなっている。

パッチ6.55のパート2は1月16日リリース

そのパッチ6.55のパート2は1月16日リリース。

24時間メンテナンス予定。これは、日本の全データセンターのサーバー機材を最新機材にすべて入れ替える。

 

トラル大陸の追加情報

エオルゼアの西方に位置する大陸。

大陸は南北に連なっているが、その南北を股にかける冒険となる。

トライヨラ。南北をつなぐ橋の役目を持っている。トレーラーに出ていたのもそれ。

7.Xシリーズを通じてここで冒険するが、内容は二部構成に近くなっている。

 

新たなフィールド

ダイジェスト動画あり。

 

新エリア:ソリューション・ナイン

動画から公開。

小タウンの位置づけ。※イディルシャイア、ラールガーズリーチ、ユールモア、ラザハンと同じ 「都市機能のまとめ」を参照

トライヨラとは、まったく異なる文明によって気づかれた摩天楼都市。

※ネタバレを避けるためにオブジェクトをあえて削除したスクリーンショットとのこと

ソリューション・ナインは動画もあり

 

新エリア:ヘリテージファウンド

アートワーク。蒸気機関を持ったような列車が走っている。

 

 

 

新たな友好部族

右端が「ヨフカイ族」という巨人族。

左下のバヌバヌに良く似たカラフルなのは「ハヌハヌ族」。

マムージャ族は、多様なバリエーションがある。※5つのうち、中央と右の2体がいままでエオルゼアで良く似かけた部族パターンになっている。

 

システムなど

7.Xシリーズでの実装を含む。

新たなダンジョン

クルルが新ジョブとなったので、いよいよコンテンツサポーターデビューしそうな気がします。クルルさんには大きな借りがあるので少しずつ返していきたい(暁月のキーアートイラストで抜けてた)

 

新装備:(わかりづらいが)異なる素材などに拘って作ったもの。布系の質感が非常に豪華になっているのでじっくり眺めて欲しい。

 

新たな生活系大規模コンテンツ

企画内容が固まったのでコンセプトアートを公開。

様々な惑星に訪れていただきます。

もちろんソロでも参加できるが、皆さんで訪れていただきます。

パッチ7.Xシリーズで長期間かけて順次公開されていくコンテンツ。

新アライアンスレイド:エコーズ オブ ヴァナ・ディール

闇王のコンセプトアート

※実装は7.1、7.3、7.5

新たな8人レイド:至天の座アルカディア

コメントで「グラフィックボードっぽい」という声。

レイドタイトル「至天の座アルカディア」

FF14オリジナルストーリー

※実装は7.0(零式は7.05?)、7.2、7.4 同時だと焦っちゃうので。

 

新たな「絶」:絶もうひとつの未来

順調に開発が進んでいる。

テーマはエデン。タイトルは「絶もうひとつの未来」 ※パッチ5.4のタイトルとアート

パッチ7.1でリリース予定。

 

その他継続コンテンツ

ヒルディはカットシーンコストが非常に高いが開発メンバーがやりたいということで継続となった。

7.1から色々なものがスタートする。

フィールド探索型コンテンツ

7.Xでは、エウレカ(4.X)やボズヤ(5.X)に続くシリーズを計画中。多人数参加で攻略を進めるタイプのコンテンツ。

 

新リミテッドジョブ:魔獣使い

7.X後半での実装。

ソロか、リミテッドジョブパーティ(青魔道士か魔獣使い)で遊べるジョブ。

 

第一次グラフィックスアップデート情報

それぞれの種族での新旧比較。

ヒューラン男性:髪の毛の雰囲気が変わり、テクスチャも高解像度化するため見栄えがするようになった。ギラギラバキバキにはできるが、みなさんが持っているイメージを大切にするために抑えている。

放送で圧縮されているのをさらにこちらで再圧縮をかけてますので、非常にわかりづらくなってしまっています。本当の見た目は公式サイトなどを確認してください。かなりイメージが変わってしまっていますのでご注意ください。

初期装備のクオリティアップも行う。

ヒューラン女性:髪の毛の質感やボリューム表現、唇の質感など。頬におちてる影にも注目して欲しい。かなり自然になった。

ハイランダー男性:筋肉の質感などがテクスチャでごまかしていたが自然になったかと思う。

ハイランダー女性:目鼻立ちが鮮明になって生え際もくっきりした。目元の精悍さなど。

エレゼン男性:髪の毛、耳の表現の自然さなどがこだわりポイント。頬骨のあたりの特徴など。ポリゴンが露出したようだったが、なめらかになった。※これだけSS撮り忘れです。すいません。

エレゼン女性:目元や髪の毛の生え際が変わっている

ミコッテ男性:目元のシャープさなどが改善した。さらにイケメンになった。

ミコッテ女性:…なぜか褐色というより黒ッテなので非常にわかりづらい。これも公式を確認してください。

ルガディン男性:すべてがパワーアップ。自然に馴染むようになった。

ルガディン女性:制約が多かったが、肌の透明感とか。だんだん化粧品のアピールをしている気になってきた。

ララフェル:違いがわからないくらい拘ってアップデートした。髪の毛や瞳などがわかりやすい。とにかくイメージを大切にした。まぶたの表現など。3回くらいリテイクしたはず。装備の素材の質感も見て欲しい。

ララフェル女性:同様に自然さを大切にした。

アウラ男性:暗い肌の質感、角とか鱗もフィードバックを受けて調整を続けている。より精悍さが増した。

アウラ女性:あの”生気”のない瞳が魅力だと言う人もいるかと思うが、きちんとキャラメイクでできるようになっている。

プレイヤーのみなさんには幻想薬をひとつプレゼントしようと思っている。存分にキャラメイクして欲しい。

ロスガル男性:ファーメイクがキャラに仕えるようになったのが一番大きい。

ヴィエラ男性:元々完成度が高い。

ヴィエラ女性:これも非常にわかりづらい。元々FF14ではこういう黒目の色が苦手で、暗いところに来ると潰れてしまうが、それでも表現できるようになった。

 

染色箇所が2部位になる話

今までは布の部分が染色可能だったが、これが2部位染色可能となるとこうなるという見本。

続いて布装備。

3枚目でわかるように(胸に茶色の染色残りがあるが、これは素材が違うため)、2部位目の染色部分がどこが染色できるようになるのかは開発での設定具合による。ここは開発のセンスを信じて欲しい。できるだけ範囲の大きい所を染色可能にしたりしている。

 

ここからはお知らせ

動作環境の更新

グラフィックスアップデートに伴って必要環境も推奨環境も上昇するため、環境変更をお願いします。

(ファンフェス東京の)協賛メーカー製品もぜひ!!検討をお願いします。とのこと

フリートライアル範囲の拡大

現時点ですでに「紅蓮のリベレーター」までプレイ可能となっています。

ついにXBOX版を2024年2月にオープンベータ

2月21日「ごろ」にOBT開始予定

 

FF16とのクロスオーバークエスト「炎影の旅路」は4月実装予定

多数の報酬をご用意しています。

 

最後にひとつ:ロスガル女性

ロスガル女性を実装!

できるかぎりストレートな解釈をして選んだ。

プレイアブルキャラクターとしても選択可能。種族の追加は大変なので最後にしたいとこの10年言ってきたが、これで本当に最後にしたいと考えていますが、どうなるかわかりません。

みなさん次第です。

トレーラーに登場したウクラマトもロスガル女性。

最後に吉田明彦氏描き下ろしのアート

未登場の人もいる。お楽しみに!

 

桐生社長とFFブランドマネージャー北瀬氏登場

ドイツ語の名称などをブランド会議で決めている。そこの議長?話が飛んだ。

全世界累積冒険者数3000万突破

とりあえず達成しました。

これからも頑張っていきます!

 

開発メンバー登場

  • UIまわりオダギリさん:UI班はレベル100の3桁対応で大変だった
  • リードレベルデザイナー高橋さん
  • リードBGアーティスト高梨さん:ようやく新フィールド紹介できて満足
  • リードアーティスト市田さん:
  • リードバトルコンテンツデザイナー中川さん:Tシャツは娘さんが描いたパンデモらしい
  • リードアイテムデザイナー林さん:
  • プログラマー塩田さん:後で登場とのこと。二色染色とか大変
  • シニアストーリーデザイナー織田さん:世界設定本第三弾お買い上げいただけましたか?
  • 英語翻訳リードのケイトさん:
  • 祖堅さん:サウンドなどをやっています!ドーントレイルのサウンドは実はPrimalsがやってたりします。家でじっくり聴いてください。
  • モルボルさん:

 

 

 

 

開発チームのここが言いたい

※内容はWikiの方に反映しましたので御覧ください。

カッパだけまとめておきます。

カッパ登場

コーナーも無事終わり締めに向かう中、なぜかカッパが登場

吉田Pの横まで来て、スクリーンを見ろと指差すと

ということで、最前からカッパのきぐるみを実装してくれと要求していた坂口さんが登場。

ゴールドソーサーのコラボ第二弾で実装しますと吉田Pが言うと、わかりあえた二人はハグを交わす。

ここで着ぐるみを脱いで挨拶

そして再び着ぐるみをかぶると、固まっている開発メンバーの後ろを通り過ぎて退場していく

最後には階段で躓くというお約束もきっちりこなして消えていく御大。

コメント

タイトルとURLをコピーしました