以下の記事は 2013年3月27日 以前に書かれたものです。
特に2013年以前の記事は旧FF14に関する内容を含み、現在の新生FF14では存在しない仕様や細部が異なる仕様も存在します。過去情報の振り返りのために残していますが、内容にご注意いただきあくまで参考にとどめて下さい。

ウルダハBGMポロリ&「スクウェア・エニックス ソフトウェアトークン」は3月29日から

ウルダハBGM映像が公開

某サウンドディレクターの祖堅さんが開発エリアに放たれた結果、ウルダハBGM映像が公開されました。音割れしていませんよ!

ステキなウルダハ曲をポロリしてくれたサウンドディレクターの祖堅吉田Pのインタビュー記事が、本日発売の「月刊ファミ通コネクト!オン5月号」に掲載されていますので、こちらも是非ご覧ください!

お待たせ!ニー祖堅登場!

みなさんどんばんわ。

春麗らかな時期ももうすぐそこに迫っているということは
街中に溢れんばかりのニーソな子猫ちゃん達がこれでもかという位に闊歩しまくる・・・
なんて素晴らしい時期!
だがしかしオレは降り積もる作業で会社から一歩も出ることを許されない!
そんな毎日を過ごしているサウンドの祖堅です。

ウルダハ
テスト放送でバリバリ音割れしたまま放送したウルダハ
(当時放送をご覧になった方はお聞き苦しい音で、大変申し訳ございませんでした)
今回は音割れなしでお届けします!

FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn – Beta BGM Preview (Ul'dah)

さてこれで3国のBGMを部分的にリークしたわけですが・・・

FFXIV-ARRでは多種多様な風景、そして状況に応じた
フィールドサウンド(コンテンツ音や環境音など)をこれでもかという位組み込んでおります。
(そうは言ってもメモリ厳しいからマジでむっちゃくちゃすんごい大変)
割と音楽単体のみがフィーチャーされがちな昨今のゲームコンテンツではありますが、
土地土地の風景、コンテンツにマッチングした音楽をお届けするのが本来のゲームサウンドマンとしての勤めだと信じてます。
また新鮮な気持ちで「バックグラウンドミュージック」として、
聞いて頂けたらとてもうれしいです!

そして音楽というものは「ここ一番!」という、感情の起伏のポイントで鳴るのが
一番効果的と考えておりますので
何もしてない時等にはその場所の世界に没頭して頂くべく
このフィールドサウンドをお楽しみ頂くようデザインしております。
その代わり、コンテンツ等ではガンガンに音楽が流れるようなデザインになっておりますので
どうぞお楽しみに!

サウンドディレクター 祖堅

  • 一部では「耳に残らない」などと言われているようだが、今時のMMORPGのフィールドミュージックで耳に残るような楽曲を”うざい”と感じるプレイヤーのほうが多いことは、植松氏のプロレス曲で証明されてしまっている。
  • むしろ新生エオルゼアの土地土地にあい、馴染むような音楽こそが求められているのではないかと思う。とはいいつつ、ボスバトルでは圧倒的に印象的なフレーズの楽曲を提供してきた祖堅氏なので、そこは期待したい。

このニュースをどう思いますか?【 y 18  : n 2  】

「スクウェア・エニックスソフトウェアトークン」リリース日決定

スクウェア・エニックス ソフトウェアトークン」リリース日決定

先日お伝えしたスマートフォン(iOS、Android)専用アプリ「スクウェア・エニックス ソフトウェアトークン」は、2013年3月29日(金)のリリースが決定いたしました。

「ワンタイムパスワード」を利用してログインすることで、皆様のスクウェア・エニックス アカウントのセキュリティが飛躍的に向上しますので、ぜひご利用ください。

iOS版、Android版ともにアプリのダウンロードは2013年3月28日(木)より可能となりますが、使用できるのは3月29日(金) 4:00頃からとなりますのでご注意ください。

  • つまり、iPhone(iOS)の場合はApp Store、Androidの場合はGoogle Playで3月28日にリリース
  • その後実際に利用開始できるのが3月29日(日本時間午前4時)からということになる。

このニュースをどう思いますか?【 y 3  : n 2  】

タイトルとURLをコピーしました