以下の記事は 2014年11月6日 以前に書かれたものです。
特に2013年以前の記事は旧FF14に関する内容を含み、現在の新生FF14では存在しない仕様や細部が異なる仕様も存在します。過去情報の振り返りのために残していますが、内容にご注意いただきあくまで参考にとどめて下さい。

HotFixes(2014/11/06)&大迷宮バハムート:真成編3の不具合対応&パッチ2.4公開以降に確認されている不具合について(11/6 チョコボ厩舎関連)&不正?キャラクター大量確認の件

HotFixes(2014/11/06)&大迷宮バハムート:真成編3の不具合対応&パッチ2.4公開以降に確認されている不具合について(11/6 チョコボ厩舎関連)&不正?キャラクター大量確認の件

ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア HotFixes(2014/11/06)

このニュースをどう思いますか?【 y 7  : n 2  】

 

大迷宮バハムート:真成編3の不具合対応によるギミック効果の変更について(11/6)

  • http://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/news/detail/a818d27d696e3a6f51237fc50d98da3443a7cc8e
    大迷宮バハムート:真成編3において、一部ギミックの効果が、巴術士アクション「ベイン」によって、本来無効であるべきモンスターにも影響してしまう問題が確認されました。
    この問題への対処のため、当該ギミックの効果を変更しました。

    なお、この問題は世界最速を目指して攻略を進めてくださっていた皆さんの通常の攻略手法からは外れており、現在まで真成編3をクリアされている方には、直接的な影響はございません。

    また、今回の修正によりこれまでの難易度が急上昇したり、攻略方法が大幅に変化してしまうようなこともございません。

    今回の問題を発見し、ご報告をいただいたプレイヤーの方のコンテンツクリアに対しての真摯な姿勢に心より感謝いたします。

    引き続き大迷宮バハムート真成編の攻略をお楽しみください。

このニュースをどう思いますか?【 y 5  : n 0  】

  • 攻略に全く影響がないならそのままでもいいんちゃうのかねぇ?わざわざ修正するってことは少なからず影響があるっていうことだと思うんだがなぁ — 2014/11/06 (木) 16:56:04
  • 想定よりも簡単だっていってるようなもんだな — 2014/11/06 (木) 19:35:56

 

パッチ2.4公開以降に確認されている不具合について(11/6)

このニュースをどう思いますか?【 y 2  : n 0  】

  • ぜんぜん違う話で申し訳ないのですが、某掲示板で祭りが起きてますね。なんでも、フォーラムでまったく同じキャラが大量に存在したりゲームの仕様上ありえないキャラ(前提クラスを上げてないのにジョブ持ち)が何千、へたしたら何万人単位で存在してるのが見つかったとか。ハックされてるだとか運営の水増しだとか言われてますが、いよいよこのゲームも終わってしまうのかもしれませんね・・・。 — 2014/11/06 (木) 02:34:35
  • ネットゲームの生命線であるユーザデータに関わるバグ多くないですかね… — 2014/11/06 (木) 03:22:53
  • 吉田早朝に降臨してるから、まとめておくれ。 — 2014/11/06 (木) 05:46:42

 

不正?キャラクター大量確認の件

  • なんと表現したらいいのかわからないが、現在某掲示板や公式フォーラムで問題になっている件について、早朝(深夜?)にもかかわらず吉田Pからコメントが出ていた。
  • 整理すると問題は2点
    • BOTなどで削除された大量に処分されたはずのキャラがロードストーンに残っており表示されている。
    • 通常は作成不可能な構成を持つキャラクターが同様にロードストーンで確認できる。
    • ※この2点と関連し、キャラクター水増しではないかと騒いでいる人もいる
  • これらの事象について先に某掲示板で騒ぎがあり、その後昨日からフォーラムで直接開発に疑問をぶつけるスレッドが立った。そのうち1つは予告抜きに即削除(即非表示)されるという事態があったため、さらに火を注ぐことになってしまった。
  • これらについて、今朝早く4:30過ぎから断続的に吉田Pがコメントしていたようだ。

ロードストーンにてシステム上再現困難な不可解なキャラクターが数万単位で発生している件について

  • http://forum.square-enix.com/ffxiv/threads/202178

    プロデューサー兼ディレクターの吉田です。

    不審なキャラクターがThe Lodestoneに存在する件について、たくさんのご報告ありがとうございます。 また、明らかに不審なキャラクターが多数存在していることで、 プレイヤーの皆さんに不安な思いをさせてしまったことについてお詫びいたします。

    ご報告を確認して以降、これまで調査を進めてきましたが、まだ100%全キャラクターを追えておらず、 速報ベースになりますが、一旦状況のご報告をさせていただきます。

    現在のところご報告いただいている不審なキャラクターについて3つのパターンが存在しています。

    ■過去もしくはこれから行われるイベント用に作成したキャラクター■

    こちらは過去に行われた東京ゲームショウ、Japan Expo、gamescom、E3など各種イベントにて、 蛮神バトルチャレンジやフロントライン、通常フィールドの試遊などを行うために、 運営チームが運営用ツールを使用して作成したキャラクターです。 作成の方法は伏せますが、各種ツールとデバッグコマンドでキャラクターやアイテムを作成するため、 グランドカンパニー未所属、ジョブ取得条件無視など特殊な状態となっています。 こちらはイベント後に即削除すべきものを削除対応してこなかったことで、 皆様にご不安を与える結果となってしまっております。近日中に削除対応いたします。

    こちらのイベントなどは、できるだけ公開ワールドで活気のある状態で行った方が、 MMORPGとしての魅力を感じていただけるということから、公開ワールドで展開させていただいています。

    ■2013年10月頃にバグ利用をして作成されたキャラクター■

    2013年10月頃、ハッカーにより一部チート行為が行われ短時間のうちに 大量にキャラクターが作成されるという状況がありました。 (一部不正アイテムコピーもあり、クラス/ジョブが一致しないものもこれに含まれます) この際にはごく短時間でこれを防ぎ、即時大量にアカウントのBAN(アカウント削除)を行いました。 最終ログイン日が2013年10月頃のものは既にアカウントが消滅しプレイ不可能です。 しかし、プレイ不可能な状況まで追い込んだことで安心してしまい、 作成されたキャラクターの削除まで手が回らず、The Lodestoneに記述が残っている状態でした。 こちらも改めて全キャラクターの再調査が完了次第、削除の対応を取らせていただきます。

    ■リアルマネートレード目的でギルファームをするためのキャラクター■

    オンラインゲームには大量にアカウントを取得し、ゲーム内通貨をリアルマネーで販売する 一般的に「業者」と呼ばれる利用規約違反に該当するプレイヤーが出現します。 彼らはこれを商売として行うため、大規模なMMORPGの場合、多数の業者にターゲットされます。 概ね彼らは効率が良い稼ぎ方ではなく、効率が悪くても確実にギルを稼げる方法を模索し、 24時間体制でこれを繰り返そうとします。開発と運営チームは皆さんからの報告や、 不審な行動ログから、こうした業者を毎週数百単位で特定し削除を続けています。

    また、彼らは自分たちが業者であることがバレないよう、 一般のプレイヤーと区別がつきにくい行動パターンを取ろうとするため、 事故で健全にプレイしている皆さんにご迷惑にならないよう、 慎重に行動ログを確認して、業者だということを見極めてから削除を行います。 報告いただいてから、そのキャラクターを見かけなくなるまで、多少お時間をいただく場合もあります。

    今回の不可思議なキャラクターの一部は、こうした業者によって作成されたキャラクターを含んでおり、 現在までの調査でその大部分は、既に業者と特定されアカウント削除されたものでした。 こちらも毎週数百のアカウントを削除しており、プレイ不能になったことを確認した上で、 対応済みとしていたため、キャラクターの削除に至っていなかったことが原因です。

    この業者と運営チームのある意味戦いは、この先運営を続ける限り延々と続きます。 そのため削除されるまでの期間、業者の活動が皆さんの目に留まってしまう瞬間も無いとは言えません。 ただし、”業者徹底排除”がFFXIVのポリシーでもあるため、引き続きこれら業者アカウントについては、 徹底的に削除対応を続け、健全なエオルゼアの維持に努めたいと考えています。

     

    いずれにせよ、今回ご報告いただいた不審キャラクターについて、現状までの調査で判明しているのは、 上記3パターンとなりますことを、まずは速報としてご報告させていただきました。

    なお、「全身詩学装備のキャラクターがいる」というご報告も拝見しましたため、 運営チームで継続調査を続けておりますが、該当キャラクターの特定には至っておりません。 ご報告いただいた方にはお手数をおかけいたしますが、GMより聞き取り調査をさせていただきますので、 お声掛けの際にはキャラクター特定のためにご協力いただけますと幸に思います。

    最後に「キャラクター数の水増し」を叫んでおられる方がいらっしゃいますが、 スクウェア・エニックスから公表させていただいている数字は、累計アカウント数になります。 (グローバル版のみのアカウント数でもあります) 旧FFXIVを除く新生FFXIV正式サービス時より、これまでに作成された「総キャラクター数」は、 既にそのアカウント数の数倍に上ります。

    吉田も皆さんと同じように、キャラメイクに悩み、何度もキャラクターを作成しては消し、 気に入ったキャラメイクのキャラは残し(1ワールドに8キャラ作れますし……)、 最後に決めたキャラクターでプレイを続けています。ですのでキャラクター数の方が、 アカウントの数倍多くなるのが現状です。

    そして、我々が幾らキャラクターを水増し作成したとしても、ビジネス的なメリットも運営上のメリットも、 また、皆さんにとってのメリットもまったく存在しないため、 キャラクターの水増をするような行為は一切ございません。

    公表させていただいている累計アカウント数についても、虚構の発表をすれば、 多数の法律に抵触することになりますので、慎重に累計数を確認し、業者アカウントを抜き、 数値安全性を確認してから公表させていただいておりますので、 ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

    いずれにせよ、このような憶測を生むこととなった原因はThe Lodestoneの運営上、 イベント用に作成したキャラクターも含め、削除対応をしてこなかった我々のミスによるものであり、 本件につきまして、皆さんに多大なるご心配をおかけしたことをお詫び申し上げます。 全件調査が完了次第、改めてご報告させていただきます。

    加えて、The Lodestone上に削除されずに残ってしまっているキャラクター記述が、 皆さんのプレイに一切影響を与えることはございませんので、 引き続きプレイをお楽しみくださいますと幸いに思います。

  • 続いて、指摘や疑問に答えたものがいくつか。

    ついこの間まで250万人突破!と宣伝してましたし、ビジネス的なメリットがないという部分は納得できませんね。

    プロデューサー兼ディレクターの吉田です。

    これまで累計作成キャラクター数は一切発表しておりませんので、水増ししてもメリットがないのです。 また、1アカウント配下に1ワールド8キャラクター、全ワールドで40キャラクター作成可能なため、 累計作成キャラクター数を公表したとしても、課金に直結しない数字とみなされますので、 こうした数字を見ても投資をされるような方には、まったく効力を発揮しません。

    また、今回250万人突破を書き換えたのは、最も目立つ部分に「双剣士&忍者」登場!を出すために落としただけですので、 改めて最新の数字にして公表させていただく予定です。こちらは先ほどの文章内に書きました通り、 アカウントの累計ですので、ビジネス的にメリットのある数字だからです。 (が、現時点では2.4のジョブ追加告知の方が、重要だと判断したので差し替えを行いました)

    アカウントは凍結済みと何度も何度もおっしゃっていますが、キャラクターが残ってしまうというのはどうなんでしょうか? しかもロードストーンは誰もが見られるサイトで、その残っている数も尋常ではないですよね?

    プロデューサー兼ディレクターの吉田です。

    オンラインゲームの仕組み上、プレイするためにはキャラクターよりも先に「アカウント」が必要になります。 皆さんにもゲームをプレイする際には、キャラクター選択の前に必ず スクウェア・エニックスアカウントによるログインをしていただいています。 この「アカウント」を削除してしまえば、キャラクターのセーブデーターが残っていたとしても、 プレイすることは永久に不可能になるため、事実上キャラクターを削除したことと同義になります。 そもそもログインができなくなってしまうためです。

    オンラインゲームの運営ではアカウントを抹消してしまえば、絶対的にプレイ不可能にすることが可能なため、 最も厳しい罰則として「アカウント削除」を行うことを常としています。

    しかし、今回の場合アカウントを消したとしても、The Lodestoneにある「表示だけの情報」を削除しなかったため、 使用不能になったキャラクターが「見えてしまう」ということが発生し、皆さんをご不安にさせてしまいました。 先ほどのポストにもありますように、きちんと精査を行ったうえでこの「表示だけの情報」も削除いたしますので、 今しばらく表示だけが残り、不愉快に感じられてしまうと思いますが、今しばらくお待ちいただけると幸いです。

    吉田さんお疲れ様です。

    調査中とのことではありますが、サーバ内でPCサーチしてみると量産黒魔BOTシリーズと思われるキャラがいまだに大量稼働しているようです。
    このケースは恐らく2つめではなく3つめに該当するものと思われますが、どうも後手に回っているというか対応がBOTの物量に押し負けている感があります……。
    キャラ的にはメインクエを自動消化してIDを回しまくるいつもの量産黒魔BOTですが、ここ最近でもどんどん新造されているようなので2つめの(2013年10月の)ケースとは別で何らかのフラグ管理不備によりグラカン無所属のままショートカットできてしまう穴を突かれているように見えます。
    現状まだ残っている問題としては最大規模のものと思われますので、可能な限り早急な対応をお願いします。

    プロデューサー兼ディレクターの吉田です。 ご指摘ありがとうございます!

    BOT物量との戦いになるのは、ご指摘の通りですので、ひたすら押し返す努力を続けます。 また、ご提案いただいたように、フラグ制御での締め出し(BOT製作難易度上昇/非効率化)を更に一段階推し進めようと思います。

    • そもそもロードストーン自体どうもオンラインゲームに詳しくないスタッフが設計しているようで(過去にWebも皆川氏担当と見たような気もする)、あらゆるステータスが全世界に基本的に公開される状況になっている。このことがまず問題の根本原因といえる。とりあえずは、BANアカウント配下のキャラクターすべて、また(GMキャラ同様に)運営キャラクターのフラグ管理とロードストーンでの非表示などについては、最優先して行うべきだろう。
  • 毎度説明がヘタだと思うが、そもそもオンラインゲームでは同時進行するワールドをプレイヤーすべてで共有している以上不正行為を取り締まる必要があり、なおかつ無料アイテム課金制に移行した後は(フリートライアル導入後のFF14も同じ)、特に不正ユーザーはいくども同様の行為を繰り返すという傾向がある。なにしろメアドだけで後は適当なナメック星住所でもお手軽かつ無限にキャラクター作成できてしまうため、不正行為でBANする場合には登録情報をロックするためにキャラクターを削除するのではなくアカウントに対して「BANした」という情報を付加することで制御する事が多い。こうすればそのアカウント配下のすべてのキャラがログインできなくなるのだから資産も完全凍結できる。
    • ここでは説明を端折るが、不正プレイヤーについてはどのIPを使用して接続したかなどのログ情報も一緒に残すことで、運営サイドでの継続対応を可能にする事が多い。日本ではネトゲプレイに住民票コードなど完全に個人を特定する情報入力を義務化することができず(法の制限)、ひどい場合は「ナメック星」しか個人を特定する手がかりがないのだから、ゲーム内のログ情報を比較して調査する他無いのだ。決済情報をクレカ限定にして決済情報経由で本人情報を抑えるということも現実問題としてできないため、一方的な防戦状態である。運営側にとって貴重な武器の一つが過去の接続・行動ログであり、だからこそ簡単に削除はできない。
    • なおこのたぐいの接続・行動ログ情報は、法的にも削除する必要はない。※当然ながら、健全な一般プレイヤーからの正規の手続きで申し出た場合を除く。
  • 通常のオンラインゲームであればこれで処理は済んだのだが、上記したように、ロードストーンではこれらのキャラクターも大量に残ってしまっており現時点でも確認できるため、今回の問題を複雑化している。非表示対応が適切だろう。
  • さらにもう一点は、イベントなどで使用するいわゆる「PR・運営用キャラクター」すらロードストーンに表示されている点だ。これについては弁解の余地もなく、キャラクター管理の設計が甘すぎる。恐らく初期実装の時点で広報・運営サイドの意見が通っておらず、後から実装範囲内で無理やり運用したためにこのような事になったのだろうが、この際きちんと運営に必要なキャラクターは一般キャラと別扱いにした上で、ロードストーンでは非表示にすべきだろう。例えば過去キャンペーンでFF14をプレイしていた有名人のキャラクターが今でも容易に検索できてしまうのもアンチのオモチャにしかならないのだから問題だろうし、ファンイベントでファン参加のバトルイベントを行う際にも、いちいち本人アカウントでログインしつつもパッドなどの情報は現場クライアント上で再設定の必要があるなど、かなり甘さが残る。
    • これについては、吉田Pにオンラインゲーム運営経験がないことが原因かと思える。アーケードの「バトルロード」でネトゲ的な開発および運用を行った経験はあったにしろ、プレイヤー管理の必要がなかった。
    • ここは広報宣伝・コミュニティチームも一言いうべきだったろうし、いまは外部になっている橋本氏や、現任の春日氏にも(吉田Pの言葉のみで設計してしまったという点において)責任の一端はあるといえる。ましてやスクエニはFF11で長期の運営実績があるのだから、社内で誰一人言い出せなかったのは異常だ。
  • なおキャラクター数水増しというのは誤解も混じっており、同時にスクエニ側も表現がまずいと思われる。これを指摘している人はつい最近までロドスト右肩にあった「冒険者250万人突破!」の数字とキャラ数を混同してしまっている(パッチ2.4リリース後は「双剣士/忍者が新登場!」となっている)。あれはあくまでアカウント数と思われるが、説明が無いためよくわからない数字だ。
  • そもそも(アカウント数ではなく)キャラ数を水増ししたところで、スクエニにメリットはなく、同時にプレイヤーにもまったく影響がない。いくら1000万キャラがいようが実際に人が少なければプレイヤー数も低減していく。プレイヤーにとっては、キャラ総数など何の意味もなく、コンテンツファインダーでマッチングするかどうか、マッチングまでの時間や、パーティ募集の種類や数が大事なのだ。
  • なお、もし万が一月額課金(スクエニはアニバーサリー課金といっているが)のゲームでアカウント数を水増し公表したとなると、それは売上に直結する話であり様々な法律に抵触する可能性が出るため、公開企業でかつゲーム業界の代表的な同社であることを考えると、影響は一社に留まらずヘタをすれば社会問題になりかねない。
    • それ以上に問題なのはダンジョンがメインクエスト導線上に配置されておりストーリーだけを楽しみたい人すら阻害している点(サスタシャクリア前にはパーティ募集すら使えない)や、さらに低レベルダンジョンに魅力がなく報酬で釣ることしかできない構造に問題がある。
    • さらにここを乗り越えてレベルカンストしたところで、装備ILを上げるためのダークライト装備や神話装備の入手手段が限定され過ぎで、さらなる苦労が待ち受ける点。トークン稼ぎのひとつでもあるハイルーレットが旧エキルレダンジョンの墓場となっており、3ヶ月毎に延々とゴミ溜めのように増えていくがためにこの苦行がさらにましていく点など問題は無数にあるのだが、それはここでは置いておくとする。
  • 吉田Pも、「冒険者250万人」(250万アカウント)という表示が上場会社の外部公表数値という意味合いにおいて影響があるということを理解している以上、その内訳(起算日や対象範囲)を公表すべきだし、公表できないのであればプレイヤーサイトであるロドストなどに軽々しく載せるべきではないだろう。何事もPRに使いたいという気持ちはわかるが、プレイヤーサイトではなくコーポレイトサイトにプレスリリースとして載せておけばよい話だ。
  • 一番重要なことは、吉田Pを始めとしてスタッフ一同がFFのナンバリングタイトルの重みを未だに心底理解していないように思えることだ。開発・運営者には耳が痛い事だらけだろうが、2009年のE3発表以来継続してこれだけ厳しい意見が噴出し続けるのは、ドラクエと並んで日本のゲーム界の代名詞的存在ともいえるファイナルファンタジーシリーズならではなのだ。
  • 多くのプレイヤーは幼少期からFFシリーズに接しており、「FFはワシが育てた」という感覚を持っている人も多数いる。そこまでいわないにしろ、自分たちの幼少期から青春時代に没頭し愛したシリーズの最新作が、世界に誇るべき存在になっていないという感覚はいかんともしがたい。ここは開発運営の一人ひとりが肌感覚レベルでしっかりと理解しなければならないだろう。期待が大きいのは当然なのだ。SageSundi氏か田中氏か忘れたが、旧14時代に「プレイヤーの期待が大きすぎた」といった言い訳は顧客を舐めすぎている。
  • 自信がないのであれば、スピンアウト作品もしくは全く別の新シリーズとして出せばいいだけなのだ。失敗しても誰も粘着しないし、その代わりに(メディアにもプレイヤーにも)誰にも騒がれず相手にされないまま埋もれることもままある。ブランドタイトルを使う以上はそれだけの重みがのしかかる。世界的に長期間イメージを保ち続けるブランドはそうした厳しい選別と品質維持を貫いたからこそ継続できているのであって、何も名前だけでのうのうと生き延びているわけでは決して無い。
  • 開発運営は死に物狂いでやっているのだろうが、それは当たり前のことであって、逃げ口上に使うべきではない。それが精神的・体力的にきついのであれば自ら率先して申し出てFF14担当から外れるべきだ。代わりにやりたい人はいくらでもいるだろうし、FFの生みの親である坂口氏も最近つとにその種の発言を繰り返しているようだ。ただでさえ一度会社を傾けるほどの大失敗をした上で、社外社内に頭を下げてやり直しをしたタイトルなのだから、並みの成功では認められないのは自らが一番わかっているはずだろう。

    吉田Pはことあるごとに旧FF14の失敗をあげつらいそれと対比するように新生FF14を誇示するが、外部から見れば前任田中氏も河本氏も吉田氏もすべて同じスクエニであって、その失敗があってこその現在の地位であるという点を自覚すべきだ。

  • 最近特に、吉田氏を始めとする開発陣の言い訳が多く感じるようになっている。25年続く、世界に認められたシリーズ作品の「今」を、自らが背負っているのだという自覚が少しばかり甘いように感じてならない。

その後の続報

  • http://forum.square-enix.com/ffxiv/threads/202178?p=2562887#post2562887

    こんにちは。

    その後の続報と、今後の話について一旦纏めます。 私としては少々長文ですが、お付き合いください。

    吉田Pからの状況報告の投稿をまだご覧になっていない場合には、  この機会に合わせてご覧いただけると良いかと思います。

    ▼Lodestoneで検索できる不審な黒魔集団とSTFの活動状況について

    まず、吉田Pからの投稿にもあるとおり、今回の発端となっているLodestoneで 検索される「とても不審なキャラ群」には、確かにいわゆる業者と思われる キャラクターが存在していますが、その大半はSTFによりアカウントが凍結されています。 ただし、現状のLodestoneの仕様上、凍結されたアカウントのキャラクターも 表示されるようになっており、業者/Botキャラがまったく減っていないように見えます。

    STFでは、定期的にニュース告知を行っておりますように、常時違反行為への対処は 行っていますが、ことBot活動に関しては一般プレイヤーを誤認して対処することの ないように、キッチリとした調査の後に対処を行っています。ですので、通報をいただいた 場合でも、対処までにはある程度のタイムラグは発生しますが、それでも着実に 対処を行っています。件数については定期報告でご確認ください。

    ▼いくつかの「(特に)不審」と話題のケースについて

    幾つか、特にコメントをいただいている不審点について、お伝えできる範囲で 私たちの把握状況を共有いたしますね。

    ◇ 一部のBotと思われるキャラが、一般と思われるキャラとFCを組んでいる

    最近のRMT業者の動向として、稼いだ資金をカンパニーチェストに保管するという トレンドが見受けられます。そのため、一般人のように見えるキャラクターと、 多数の同じ格好をしたキャラクターが、同一FCにいる状況があります。 (キャラにもたせておいてすぐにBanされることを警戒した動きであると推察されます)

    これらも対処済みのもありますが、キャラクター情報同様にLodestone上では 参照可能なままとなっているものがあります。表示の対応はキャラクターと同様に 対応していきます。

    ◇ 戦記/詩学装備を装備しているキャラがいる

    これは指摘してくださっている方もいますが、アラガントームストーンはGC所属の 如何によらず、幾つかのコンテンツを通じて入手可能であり、特別なチートを 介さなくても入手可能な状況にあります。

    また、一部で言われている「全身詩学」については、依然として確証のあるデータを 確認できていません(一部ということであれば、上述のとおり可能です)。情報を お持ちの方がいらっしゃれば、STF通報フォームよりお知らせください。 ※通報フォームはこちら http://support.jp.square-enix.com/co…381&la=0&fty=2 ページ下部の「スペシャルタスクフォースへのご報告」からお願いいたします。

    ▼今後の動きについて

    吉田Pの投稿内容からの重複になりますが、幾つかのパターンがあるBan済み もしくは過去のイベント等で使用したアカウントのキャラクターに関して再チェックを 行います。

    そして、Lodestoneからの削除対応が完了しましたら、その時点で改めて 状況をプレイヤーの皆さまにご報告するようにいたします。

    ということで、本スレッドはここでクローズとさせていただきます。 通報案件に関しては、引き続きSTF通報フォームより、皆さまのご協力をよろしく お願いいたします!

    • ロードストーンでの非表示対応は、業者対応と同様に行っていくとのこと。またロードストーンからの削除対応が完了した時点で報告するとのこと。
    • また全身詩学装備については「確証のあるデータを確認できていません」ということでよくわからない書き方をしている。ここははっきりと言い切るべき(そのためにきっちり調査すべき)だったろう。

このニュースをどう思いますか?【 y 3  : n 1  】

  • 吉田はこれまで良くやって来たと思う。しかし、そろそろ兼任体制に限界が見えてきたのではないか?いくらタフでも一人の人間の仕事量には限界がある。10年先を見据えるのであれば、やはり無理のない安定したクォリティと人員配置が必要なのでは…? — 2014/11/06 (木) 13:05:20
  • 管理人がコミュニティーチームに入ったらいいのにと煽りでもなんでもなく思うわ。室内じゃ駄目過ぎる。 — 2014/11/06 (木) 15:07:39
  • 一般プレイヤーの銘が入った装備を着たイベントキャラが数万人も必要なイベントってなに?なんでその場しのぎで適当な嘘つくの? — 2014/11/06 (木) 17:22:03
  • ここの管理人は運営にたいしてかなり辛口のコメントをしてきたけど、それも14を良くしてほしいがためというのが凄く伝わってくる — 2014/11/06 (木) 18:24:41
  • 管理人ちゃんは辛口だけどいい所はちゃんと褒めるしネガるだけの人とは違う — 2014/11/06 (木) 18:35:31
  • この思い開発に届くといいですね。 — 2014/11/06 (木) 19:44:25
  • ここの開発は耳の痛い事は即削除orクローズだから期待薄やな。いい加減幻想ばかり見ずに現実を見てほしいところだが・・・ — 2014/11/06 (木) 21:11:35
  • なお、現在進行形で言論封殺が続いている模様 — 2014/11/06 (木) 22:27:04
  • 水増し疑惑待ったなし! — 2014/11/13 (木) 19:27:11
  • ※3がまた良く読まずに混同しているのでは — 2014/11/14 (金) 14:58:36
タイトルとURLをコピーしました